「スマホ老眼」と「偽近視(仮性近視)」

富士市で メガネ・コンタクト をお探しなら
メガネサロンエスポット富士店
富士市米之宮町267 TEL.0545-64-8221

040.gif
こんばんは~
今日も元気なメガネサロンエスポット富士店です。

すっかり日が暮れるのも早くなりましたネ
朝晩は油断すると風邪をひいてしまいそうな涼しさですが、
体を動かすにはイイかも といっても急に動くのは気をつけないとケガのもと。

パソコンなど目を使う仕事も
本来なら軽く目の体操をしてからの方がイイんですよ。

さて、前回「スマホ老眼」は「調節緊張」という話をしましたが
チョット疑問に思われた方もいらっしゃると思います。

多くの方は
「調節緊張」というと「偽近視(仮性近視)」のほうを思い浮かべ
遠くが見辛くなるならわかるけど
なんで近くが見辛くなるの?ってお思いになられたのではないでしょうか。

一般的には、「スマホ老眼」の場合
「調節緊張」の度合が極端に強くなる事が少ないので
遠くは変化を感じにくく近くの見辛さを強く感じるものなのだと考えられています。
(スマホ老眼でも、近くだけではなくて遠くも見辛くなるケースはあります。)

10代をピークに低下するピント合わせの力も無視できない要因で、
ある一定の距離に調節緊張によりピントが固定されてしまうようなイメージをしていただくと
「スマホ老眼」の状態が分かりやすいかもしれません。
(例:2~3m先から60cmくらいは見えるけど、40~50cmやもっと近くは見辛い)

ちいさなお子様から10代に多い「偽近視(仮性近視)」の場合は
緊張状態をゆるめることが出来なくなっている状態である と思って頂くと分かりやすいかもしれません。

ゆるめることは出来なくても、
さらに緊張する力は有る場合が多いので
近くを見ることは出来ます。

ただし、
最近では「スマホ老眼」と似たような見え方をする子どもが増えており
「子ども老眼」なんて言葉も生まれてます。
「子ども老眼」の場合は必ずしも「調節緊張」の問題とは限りませんので
専門知識を持っている方に相談することが大切です。

実は「調節緊張」の程度は個人差が大きく また、日によっても変動する場合が多くあり
その程度を知ることはなかなか難しいものなんです。

お子様の場合は特に
安易に近視のメガネを作ってしまうと
かえって「近視」の進行を早めたり、「子ども老眼」の要因になる場合もありますから、
眼鏡屋と眼科医の両方の検査を受ける事が大切ですョ。

d0176924_1865044.gif


皆様の快適な眼鏡をアシストする眼鏡のスペシャリスト
認定眼鏡士のつぶやきでした~006.gif
d0176924_1142069.gif

[PR]

by shiki627007 | 2015-10-28 18:20 | メガネ